基礎体温とは

基礎体温とは、活動等による体温の変化を排除した状況(安静状態)での体温を指します。基礎体温を測りそれをもとに月経周期を予測すると言ったことに使われます。妊活中以外の方でも基礎体温を測ることでホルモンバランスの動きを調べることができ、ダイエット等にも活用できます。

基礎体温は、目覚めたときに寝たままの状態で口にくわえて測ります。基礎体温を測る体温計は目盛が通常のより細かい「婦人用」というものを使うようにしましょう。デジタルタイプが便利です。毎日体温を測り、それを記録していきます。線グラフにするとわかりやすいです。

一般的な月経周期(生理周期)と基礎体温の関係を見ていきます。

まず、人の月経周期は「生理が始まった日を1日目」とします。そしてその次の整理が始まるまでを1周期とします。1周期はおおよそ28日間です。

基礎体温は「低温期」「排卵期」「高温期」の3つの体温変化があります。低温期は通常の状態です。およそ10~14日前後続きます。その後ガクンと体温が下がります。下がったちょっと後のタイミングで排卵が行われているとみられます。この落ちた時が「排卵期」です。その後体温は上昇し「高温気」を向かえます。高温気を迎えて14日程度で体温が再び下がり低温期(次の生理)を迎えることになります。

この高温気が14日以上(20日以上)継続すると妊娠している可能性があるわけです。

 

基礎体温において高温気、低温期ができるのは女性ホルモンの働きによるものです。低温期は「卵胞期」とも呼ばれエストロゲン(卵胞ホルモン)が優位な時期、高温気は「黄体期」とも呼ばれプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位な時期となります。

 

===

関連記事・関連ページ

基礎体温の測り方とグラフの見方

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活