受精卵とは

受精卵とは、精子と卵子が一体化した細胞を指します。卵管の奥で卵子と精子が結合して受精卵となった卵は細胞分裂を繰り返しながら子宮内膜へ移動します。そして、子宮内膜に着床することによって「妊娠成立」となります。

勘違いする人も多いらしいのですが、卵子と精子が結合した「受精卵」ができた状態ではまだ妊娠とは呼びません。「着床率」という言葉があるように、必ずしも受精卵が着床できるとは限らないからです。

着床できなかった場合の受精卵は体外に排出されます。受精卵ができたことを自覚することはありません。

 

===

関連記事・関連ページ

みつかりません。

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活