エストロゲン(卵胞ホルモン)とは

エストロゲンとは女性ホルモンの筆頭で、卵胞ホルモンとも呼ばれます。女性らしくあるためのホルモンと言われており、エストロゲンの分泌が増えると肌がすべすべになる、やせやすくなるなどの女性にとって嬉しい効果があります。

エストロゲンに似た成分を持つ「イソフラボン(大豆イソフラボン)」なども美容関係で注目されていますよね。

さて、妊娠とエストロゲンの関係ですが、生理が終わるころから排卵日の直前に分泌量が増加します。その後は減少し、その代わりに妊娠しやすい体をつくるもう一つの女性ホルモン「プロゲステロン」の分泌量が増加するころにもエストロゲンの分泌は増加します。

ちなみにエストロゲンは「美人ホルモン」「美肌ホルモン」とも呼ばれています。肌のハリや新陳代謝を活発にするなどして美肌や体をやせ安くする働きがあるとされています。そのため、エストロゲンと似た性質を持つ「大豆イソフラボン」などは女性に嬉しい健康食品として注目もされています。

生理を迎えると肌が荒れやすくなったり太りやすくなるのはこのエストロゲンが減少し、代わりにプロゲステロンの分泌が増えるのが原因ともいわれています。ただし、プロゲステロンは悪役ではなく妊娠のためには必要不可欠なホルモンです。妊活のためにはホルモンバランスを整え、生理周期が正しく来るように体の調子を整えることが大切です。ちなみに生理周期については「基礎体温」を測ることで概ね知ることができます。

 

===

関連記事・関連ページ

みつかりません。

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活