着床とは

着床とは受精卵が子宮内膜にとりつき根をおろして母体と結びつくことを指します。おおむね排卵から1週間~10日後に着床完了となります。この着床を持って「妊娠」とします。

着床した受精卵から胎盤が徐々に形成されていきます。ちなみに、すべての受精卵が「着床」できるわけではありません。そのため、受精卵ができていたとしても着床できなければ当然妊娠とはなりません。
妊娠検査薬(判定薬)は着床した受精卵の初期胎盤から分泌されるhCGと呼ばれるホルモンを尿を通じて検査するようになっています。そのため、妊娠検査薬は「着床の有無=妊娠の有無」を検査することができるのです。

まれに子宮以外の場所で着床することがあります。これは子宮外妊娠といいますが、放置すると大変危険です。

===

関連記事・関連ページ

みつかりません。

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活