妊活で準備しておきたい「お金」のこと

女性の妊娠するタイミングは統計的に高齢化しています(参考:)。このような状況で大きく問題になってくるのが妊娠できないという問題です。女性の年齢と妊娠の関係性は決して小さくなく35歳を過ぎると妊娠率は大きく低下すると言われています。

そんな時に頼るものの一つが「不妊治療」でしょう。ただ、病気の治療とならない不妊治療ではその通院費もバカになりません。特に30歳をすぎて将来の妊娠を考えているのであれば転ばぬ先の杖で妊活にかかるお金のことを考えておくべきです。

===

子供を授かることができるタイミングは人それぞれ

妊娠するタイミングというのは人それぞれです。結婚前に妊娠してそれをきっかけに結婚する人もいますし、結婚後ほどなく子宝に恵まれる人もいます。その一方で妊娠したいと思っても中々妊娠できないという人もいます。

妊娠できるかどうかについては様々な理由があるでしょう。当サイトでも「妊娠したい方の為の基礎知識」や「妊娠しやすい体をつくる」といったように妊娠するための情報を発信しています。ただしそれだけで確実に妊娠できるわけではありません。

晩婚化に伴い、女性が妊娠を考える時期も遅れていますが、それが妊娠できる確率を遅れさせています。「妊娠する確率ってどのくらい」でも紹介しているとおり、女性の年齢と妊娠できる確率には明確な関係性があります。

特に35歳を過ぎると妊娠できる確率は大きく低下しますので不妊治療を考えるべきだとされています。

 

不妊治療にはお金がかかる

その一方で不妊治療には大きなお金がかかります。

病気や怪我ではない不妊治療は健康保険がきかないため、原則として全額自己負担となります。人工授精や体外受精といった高度な不妊治療を行う場合には高額な費用がかかります。治療を始めるのであれば100万円以上の費用負担も考える必要があります。

行政による支援もありますが、費用の一部を賄うことはできても一般的な費用水準ではカバーするのは難しい状況です。

 

タイミングが遅れそうなら妊活貯金を考えておく

その対策の一つとして、結婚や妊娠のタイミングが遅れそうであれば妊活の為の貯金を前もって考えておくというのも一つです。若い人にとっては「もしも」のことかもしれませんが医療保険などの保険でもカバーすることができない不妊治療については、自助努力が求められます。

お金は貯めておいて問題はないはずです。希望通り妊娠できればそのお金は別の目的にも利用することができます。

ちなみに、貯金できないんだよねー。と言う人は「貯金できないという人へ」をぜひご一読ください。

2015年9月29日

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活