妊活中に虫歯の治療は終わらせよう

妊娠すると薬が飲めなくなったり、麻酔が使えないといったように治療にも制約が出てきます。虫歯も放置しておくと大変なことになりますので、妊娠をする前に治療を終わらせておきたいところです。

===

妊娠中は麻酔や薬が使えないことも

既に悪化している虫歯や抜歯が必要な歯があるという場合は子作り・妊活をスタートする前に治療、処置を終わらせておきましょう。

妊娠中は治療ができないだけでなく、赤ちゃんに栄養を取られる関係などから虫歯が施行しやすくなります。早めに治療をして万全の体調にしておくことが大切です。

 

赤ちゃんに虫歯菌を移さない為にも

最近、多くの方が気にしていることの一つが「虫歯菌を赤ちゃんに移さない」ということ。
人の口内環境は2歳半ごろまでに決まると言われており、その年までに赤ちゃんの口の中に入る虫歯菌の数が少なければ少ないほど、虫歯になるリスクを小さくできるのです。

そのためには、赤ちゃんと接することの多いお父さん、お母さんからの感染を極力減らすことが大切です。箸の使い回しをしないと言ったことも大切ですが、虫歯があればそれだけ多くの虫歯菌が活動していることになります。

しっかりと治療しておくことで赤ちゃんへの虫歯菌の感染リスクを減らすことができます。

こうしたことからも、妊娠前から虫歯の治療を終わらせておきましょう。
お父さんの場合は、妊娠後でもOKですけどね。

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活