ストレスは妊活の敵

妊活中は基礎体温を測ったり、排卵日を気にしたり、実際に授かれなかった時の気持ちの落ち込みなどストレスが貯まりやすい状況です。ストレスの貯め過ぎは生理不順などの原因にもなります。

ストレスをゼロにするというのは無理な話ですが、妊活に一生懸命になるあまり、過大なストレスがかかっていないか注意してください。ストレスはこまめに解消することが大切です。

===

ストレスは不妊の原因?

ストレスがたまると体のホルモンバランスが崩れます。
女性ホルモンである「プロゲステロン」と「エストロゲン」のバランスは排卵や妊娠においてとても大切です。プロゲステロンが適切な時期に出ないと受精卵が着床するための子宮内膜が発達しないため、着床率(妊娠率)が低下してしまいます。

基礎体温の測り方と読み方」のページでも説明していますが、ストレスをため込んでいる方は基礎体温の波形がガタガタになることがよくあります。

こういったこともあって、何か大きなストレスのもとがある場合はそれに近づかないようにするなら妊活中は極力ストレスから遠ざかりましょう。

不妊治療などをしている方は、その治療自体がストレスになることも有るかもしれません。
こればっかりはどうしようもないところはありますが、ストレスが貯まるならそれを解消・発散する場や時間を作るようにしましょう。

 

妊活中のストレスを貯めない方法

妊活中にできるストレス解消ってどんなことがあるんでしょうか?

まずは、妊活を楽しみながら続けることが大切です。
妊娠にとって良いといわれること例えば基礎体温を測る、ウォーキングなどの運動をする、妊娠に良いと言われる食生活を心掛けるなど。こういったことが「義務」になってしまうとストレスを大きく感じてしまいます。

全部やる必要はないのです。自分がやっていて楽しいと思えることを続けたら良いと思います。
たとえば、妊娠に良いというハーブティーを飲むというのは、「まずいけど飲まなきゃ」と思うとそれはストレス源となります。そうでなく、「良い香りがする」「とっても美味しい」というものと出会うことができればハーブティーを飲む時間は優れたリラックスタイムとなりストレス解消の場となります。

妊活中のママにお勧めのハーブティーは「妊活ブレンド」です。
妊娠のために良いとされるハーブがブレンドされており、さらにリラックスもできるので、妊活中のストレス解消にはもってこいのお茶と言えるでしょう。

自分がやってストレスとなるような妊活はしないというのも立派な妊活だと思います。

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活