妊娠したい方は避けたい煙草(喫煙)

煙草(喫煙)は生活習慣病や様々な健康・美容上の問題の原因として挙げられます。妊娠にとっても同じことで、妊活や妊娠、出産に関しても大きな問題をはらんでいます。今すぐ妊娠したいわけではないという方にも卵子の老化という形でマイナスの影響があります。

===

煙草(喫煙)と妊活・不妊の関係

「煙草を吸っていても元気な赤ちゃんが生まれた人を知っている」というのは、煙草を肯定する理由にはなりません。また、妊娠したら煙草をやめるという方もいるようですが、「卵子の老化の原因と予防」でも書いている通り、卵子の老化の原因ともなり、不妊や妊娠しづらくなる要因となります。

煙草に含まれている有害物質については「タバコに含まれる有害物質・成分(外部サイト)」などでも書かれていますが、神経毒性のあるニコチン、有害物質や発がん物質でもあるタール、体を酸欠状態にして動脈硬化などの原因ともある一酸化炭素など多数の有害物質が含まれています。

もちろん、たばこを吸いながらでも妊娠できる人はいます。
ただし、喫煙が卵子の老化と言ったようにマイナスのダメージを与えるということは、煙草のせいで妊娠出来なかった人だって少なからずいるわけです。

将来を含んで「妊娠したい」と考えているのであれば、「その内やめる」と考えるのではなく、今すぐ禁煙することを考えてください。

お勧め:禁煙.net タバコをやめる禁煙方法アドバイスサイト

 

妊活するなら夫婦で禁煙

なお、妊活をするのであれば夫婦で禁煙するようにしましょう。

受動喫煙という言葉がある通り自分は煙草を吸っていなくても、周囲の人が煙草を吸うことでも事実上喫煙しているのと同じような悪影響がでてきます。

また、男性の喫煙が不妊や遺伝子上の問題が出てくると言われています。

イギリスのブラッドフォード大学の研究では煙草を吸うことで男性のDNAが損傷し、その損傷したDNAが精子として自分の子供にも損傷した形で遺伝するリスクがあるという報告を行っています。

ちなみに、精子細胞が成熟するまでにはおよそ3カ月かかるということなので、妊娠を望むのであればその3カ月以上前からご主人も禁煙する必要があります

 

こうした研究って信用できるの?

もちろん、研究段階の部分もあるはずです。
人間の体のことが100%解明されていない以上は間違いもあるでしょう。ただし、喫煙自体が体に悪影響を与えることは間違いありません。

また、喫煙習慣がそのような妊娠や不妊に対して悪影響を与える可能性がある以上はそのリスクを減らすということは大切なことだと思います。

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活