ラズベリーリーフティーと妊活・妊娠

安産のお茶と呼ばれるハーブティーです。ラズベリーリーフに含まれている「フラグリン」という成分が子宮の収縮を調整する働きがあるとされており、子宮の状態を整えるのにも役立つと言われています。(妊娠したら後期までは飲用を控えてください)

===

マタニティハーブの代表的存在

ラズベリーリーフは「マタニティのお茶」としてヨーロッパでは数千年も前から利用されてきたハーブです。今でもヨーロッパでは助産師さんなどが「安産のお茶」として勧めるお茶として知られています。

出産についてはもちろんですが、妊活・妊娠に対しても効果的なお茶として世界中で愛飲されているハーブティーの一つです。月経前症候群(PMS)などに対しても効果的とされます。

 

ラズベリーリーフってどんな味?

味は甘酸っぱさがあり、飲みやすい味です。他のハーブティーとのブレンドもお勧めです。
アイスにしても美味しいですが、冷え予防のため飲み過ぎは注意してください。妊活ということを考えるのであれば、ホットで飲むのがお勧めです。

 

ラズベリーリーフと妊活・妊娠

子宮に対する働きがあるとされるラズベリーティーは骨盤や子宮の働きを改善させてくれます。また、ミネラルやビタミンも比較的豊富に含まれています。

 

ラズベリーリーフは妊娠したら飲むのをやめる

なお、ラズベリーリーフには「子宮を収縮させる」働きもあります。そのため、妊娠初期には流産のリスクがありますので、飲むのをやめてください。一方で子宮の収縮作用は出産時期にはプラスに働きますので、妊娠8か月目以降くらいからは再び飲むようにすると良いでしょう。
安産のハーブとしても知られていまし、産後の母乳にも良い影響を与えると言われています。

 

お勧めのラズベリーリーフ

ルイボスティーを紹介します。

ラズベリーリーフ リーフタイプ
『安産のお茶』と言われるラズベリーリーフは、出産時の陣痛による苦痛を和らげてくれると言われています。

妊活ブレンド (ティーバック・リーフタイプ)
妊娠活動中の女性のために、世界で活用されているハーブをブレンドしました。子宮の働きをサポートすることで有名なラズベリーリーフや卵子の老化を遅らせるルイボス、ホルモンバランスを整え、身体を温めるハーブを、毎日続けられるように飲みやすくしました。

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活