不妊症の検査方法

不妊治療の検査方法は色々です。原因は男性・女性のどちらにもありうるため夫婦両方での検査が望ましいといえます。ここでは男女別の不妊症の検査方法にどのようなものがあるのかを説明していきます。

===

女性の不妊検査

女性の不妊検査の内容を紹介します。

問診・基礎体温検査

検査や治療を行うにあたって行われる基礎的な問診が行われます。基礎体温表があると全体の検査が早く進みます。(参考:基礎体温を測る
問診内容については年齢、赴任期間、月経の状況、性交の状況、過去の病気など様々です。

経腟超音波検査

婦人科診察台で行う基本的な検査となります。 経腟プローブと呼ばれる細い棒状の機械を使って子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫などの異常が無いかを調べます。

ホルモン検査

妊娠に関連する各種ホルモン検査(血液検査)を行いましょう。これによって排卵の有無やタイミング予想、排卵障害などがある場合はその程度などもある程度分かります。

子宮卵管造影検査

子宮内に造影剤を注入してX線検査をします。子宮の形や大きさ、卵管の状況などを確認する検査となります。痛みを伴うこともあります。

ヒューナーテスト(フーナーテスト)

性交後の子宮頸管内の精子の状況や動きなどをチェックします。抗精子抗体の有無や男性の無精子症などを調べることができます。

 

男性の不妊検査

男性の不妊検査の内容を紹介します。

精液検査

精液の採取して、量・濃度・運動・形・感染の有無などを調べます。病院での採取が望ましいとされますが、2時間以内に検査できる環境であれば家庭でも採取可能です。

泌尿器科的検査

不妊に関連する病気の既往歴、勃起が可能かどうかといったことを確認するほか、男性の不妊症の原因として率の高い精索静脈瘤の触診などを行います。また、血液検査によるホルモン検査や、極端に精子数が少ない場合などは染色体や遺伝子検査も行います。


妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活