医療保険は妊活や不妊治療を始める前に入る

不妊治療で病院を受診すると「医療保険に入れない、不利になる」という現実があります。今後の不妊治療を通じて病気が見つかる可能性もありますし、出産にはリスクが伴います。治療を検討しているのであればまずは医療保険への加入を先に検討しておくのも一つの手です。

===

妊活、不妊治療と医療保険

まず、不妊治療という治療を始めると医療保険には加入できないか、何らかの制限が課せられることになります。医療保険に加入する時は病院にかかっているかどうかについての「告知義務」があり、不妊治療を行っていることを告知すると、加入を断られるか、子宮関連の保障が行われないなどの制限がついてしまいます。

その一方で、不妊治療を始める前(医者にかかる前)であれば、不妊治療を受けるつもりであっても告知する必要はありませんし、加入後に医者にかかっても何も制限を受けることはありません。

 

そもそも、医療保険は必要なのか?

医療保険については、預貯金などで手術費用や入院費用などが工面できるというのでれば絶対的に必要なものではありません。

ところが、不妊治療をこれから始める、妊活するというのであれば、普段よりも手術等を行うリスクは高まります。そうした時に保険に入っておくと安心感はより高まりますし、万が一病気が見つかったときも保険で対応することができます。

不妊治療を通じて、何らかの疾患がみつかり手術が必要になるということもあるかも知れません。また、無事妊娠できたとしても帝王切開などの手術が行われる可能性だってあります。
出産というものは医学の進歩により随分と安全なものになりましたが、それでもリスクはあります。

そうした時、医療保険に加入していれば金銭的なトラブルに対しては十分な対応をすることも可能となります。

医療保険の中には女性向けと言われる、婦人科系の疾患や手術などに強い保険もありますので、そうした保険がまずはお勧めとなります。


妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活