タイミング法と妊娠-やり方や成功率の紹介-

タイミング法とは基礎体温、尿中・血中のエストロゲンなどのホルモンを図ることで排卵日を予想し、タイミングを狙って性行為を行って妊娠の確率を高める方法です。個人でも「排卵日チェッカー」のような道具などである程度のタイミングは測れますが、病院で検査する方がより精度が高い排卵日予測が可能となります。

===

まずは、タイミング法から。成功率も高い

タイミング法は不妊治療の中でももっともスタンダードな方法です。費用もさほどかからず効果的でもあります。病院に行かなくても「排卵日計算」などをしっかりとすることができれば、自分自身でも始めることができます。

基礎体温の測り方とグラフの見方」でも説明していますが、婦人用体温計で基礎体温を測り、それに基づいて排卵日を計算し、排卵日前後に夫婦関係を持つことによって妊娠する確率、成功率をより高めるという方法です。

最も大切なのは基礎体温をしっかりとつけること。この基礎体温のグラフを付けていくことでタイミング法では妊娠できなかったとしても、なぜ妊娠できないのか?という原因を探る手助けともなります。

まずは、5周期(約5カ月)の間、タイミング法を試してみるということが推奨されます。一方で5周期を過ぎても妊娠できない場合は、この方法では妊娠が難しいと判断されることが多いです。

 

なお、薬に頼らないタイミング法を「自然周期タイミング法」と言いますが、排卵誘発剤というお薬を使ったタイミング法もあります。これを「排卵誘発剤使用タイミング法」といいます。

飲み薬を使う方法、注射を使う方法があります。一般的には飲み薬から始めて、その後に注射という流れに進むのが一般的です。なお、薬を使った方法については「排卵誘発法」と呼ばれる場合もあります。

 

なお、このタイミング法(タイミング療法)による治療は「健康保険の適用」となります。そのため、自己負担の金額は比較的少額で済むというのも魅力です。

 

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活