排卵誘発法と妊娠-やり方や成功率の紹介-

排卵誘発剤(薬)で卵巣を刺激させて排卵を起こさせる方法です。一般的に排卵がない女性の不妊治療としておこなわれることがありますが、人工授精の妊娠率向上、体外受精を行う時にも利用されることがあります。

===

排卵誘発法で使うお薬と効果

排卵誘発法で使うお薬には刺激の弱いものから強いものまであります。
一般的には「タイミング法」を利用しながら、効果が薄い場合などに弱いお薬から始める形になります。

低刺激で体にも負担が少ない飲み薬(セキソビットなど)から始めて、それでも効果が薄いような場合には注射によるお薬を使うことになります。

血液検査によるホルモンの状況や年齢、精子の検査、過去の妊娠の有無などを総合的に判断した上でお医者様が判断してくれるはずです。

 

妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活