そもそも不妊症とは何か?

不妊症とは、妊娠を希望して一定期間の性生活を行っていても妊娠できない状況のことを不妊症と言います。原因は一つではなく様々な原因があります。男性不妊症、女性不妊症というように、女性だけが原因というわけではありません。そのため、不妊治療を始めるには夫婦そろっての理解と協力が必要です。

===

不妊症の定義

不妊症の定義は色々です。

WHO定義によると1年以上避妊を行わず。正常な性生活が営まれているのに妊娠しない状況のことを不妊症と言います。この妊娠できない期間については諸説あるものの1年ないし2年としているケースがほとんどです。

前述の通り、正常に妊娠できない原因というものは女性だけでなく、男性が原因となるケースもあります。WHOが行った不妊症に対する調査では、男性のみ(24%)、女性のみ(41%)、男女とも(24%)、原因不明(11%)となっており、「不妊の原因48%は 男性にもある」ということになるわけです。

 

どういう状況なら不妊症の検査を受けるべき?

排卵日を狙った性行為によって妊娠すると、おおよそ99%の人が12周期(約1年)で妊娠するといわれています。そう考えると、妊娠を望んで1年たっても子供が授からないという場合には不妊治療の検査を受けてみる価値があると思います。

ただし、極端な月経不順がある場合や子宮内膜症、子宮筋腫などがある場合にはそれ以前でも受診する方が良い結果が得られるかもしれません。

また、35歳~40歳以上であればもっと早めに産婦人科を受診した方が良いかもしれません。「妊娠する確率」や「卵子の老化の原因と予防」などでも説明していますが、35歳を過ぎてくると卵子の老化などの原因で体外受精などを含めて妊娠できる確率が低くなってくるからです。

 

女性の不妊症の原因は何?

女性の場合は「排卵によるもの」「卵管によるもの」「子宮によるもの」「頸管によるもの」「免疫によるもの」などが挙げられます。

排卵によるもの

卵子が育たない、育っても排卵できない場合などが挙げられます。女性の不妊症の約25%を占める大きな原因となっています。

卵管によるもの

受精のする場所である「卵管」がつまっていたり細いなどの原因で卵子と精子の出会いの場がなく案っている状況で女性の不妊症の約30~40%を占めると言われています。

子宮内の異常によるもの

無事受精できても受精卵が着床できなかったり、着床出来ても流れてしまうことなどによる不妊症です。性感染症や中絶、子宮内膜症、子宮筋腫などが原因となることがあります。

頸管によるもの

精子が子宮の入り口である「子宮頸管」を通過できないことによって起こる不妊症です。粘液量の低下などが原因です。

免疫によるもの

何らかの免疫異常によって抗精子抗体が作られていることが原因で起こる不妊症です。

 

男性の不妊症の原因は何?

男性の場合は「性機能障害によるもの」「精液によるもの」が挙げられます。

性機能障害によるもの

勃起不全(ED)や膣内射精が困難な膣内射精障害があります。ストレス等が原因でおこることもあり、不妊に対する悩みが自身がストレスとなってEDとなるようなケースも見られます。

精液によるもの

精子の形成に問題があり、運動力を有っしないものや奇形率の高さなどによって受精できる力が低下することが原因で起こる不妊症です。中には無精子症といって精液の中に精子が全く見られないという症状もあります。ただし、このケースであっても閉塞した精路再建や精巣内からの精子回収等によって妊娠の可能性はあります。

 

それぞれの不妊症の原因によって取られる治療法というものは異なります。また、それぞれに問題があるからと言って絶対に自然妊娠しないというわけでなく、妊娠する確率が低下するといったものもあります。


妊娠したい女性のためのハーブティー「妊活ブレンド」

妊活とは何か?

 

妊娠したい方のための基礎知識

 

妊娠しやすい体を作る

 

不妊治療の基本

 

妊娠や妊活とお金・生活